【政府】なんだコレ!?自民党議員、嘆く「なんで僕らの月収って100万円ぽっちなの。上場企業の社長は1億円は必ず貰う」

【政府】なんだコレ!?自民党議員、嘆く「なんで僕らの月収って100万円ぽっちなの。上場企業の社長は1億円は必ず貰う」

【政府】なんだコレ!?自民党議員、嘆く「なんで僕らの月収って100万円ぽっちなの。上場企業の社長は1億円は必ず貰う」

細田 博之(ほそだ ひろゆき、1944年〈昭和19年〉4月5日 – )は、日本の政治家、元通産官僚。自由民主党所属の衆議院議員(11期)、衆議院議長(第78代)。 自民党幹事長(第43代)、自民党総務会長(第51代・第54代)、自民党国会対策委員長(第46代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・
38キロバイト (3,794 語) – 2022年5月13日 (金) 04:20
ホンネが出た?!

1 中年’sリフト(茸) [EU] :2022/05/11(水) 23:53:29.92

細田博之衆院議長は東京都内であった自民党参院議員の政治資金パーティーで「1人あたり月給で手取り100万未満の議員を多少増やしてもバチは当たらない」と述べた。細田氏は、一票の格差を是正するため地方の定数を減らすのに否定的で、議員定数を増やすべきだと主張した。

議員特権?問われるJRパス 「不正、やろうと思えば簡単」の指摘も
自民の「10増10減」阻止、失速 「ちゃぶ台返し」批判恐れ
ADVERTISEMENT

 パーティーは10日にあった。細田氏はその中で「議長になっても毎月もらう歳費は100万円しかない。上場会社の社長は1億円は必ずもらう。普通の衆院議員は手取りで70万、60万くらい」と主張。衆院の定数がかつてより減っているなか、「民主主義はできるだけ各党でたくさんの議員を出して盛んな議論をしてもらう方がいい」とも語った。

 細田氏はこれまでも、一票の格差を是正するため小選挙区の定数を人口比に応じて15都県で「10増10減」することを批判して、野党から反発を受けている。
https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ5C436PQ5CUTFK002.html
※前スレ
【自民党】細田博之「議長になっても毎月もらう歳費は100万円しかない。上場会社の社長は1億円は必ずもらう」 ★2 [ニョキニョキ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652310840/

続きを読む

続きを見る

最新ニュースまとめちゃんねるカテゴリの最新記事