【芸能】パワフルアフタヌーンに手応え?MBS虫明社長「明石屋電視台」「ごぶごぶ」など昼帯移動番組の上昇傾向「うれしい成功例に」

【芸能】パワフルアフタヌーンに手応え?MBS虫明社長「明石屋電視台」「ごぶごぶ」など昼帯移動番組の上昇傾向「うれしい成功例に」

【芸能】パワフルアフタヌーンに手応え?MBS虫明社長「明石屋電視台」「ごぶごぶ」など昼帯移動番組の上昇傾向「うれしい成功例に」


虫明 洋一(むしあき よういち、1962年 – )は、日本の実業家。毎日放送代表取締役社長、MBSメディアホールディングス代表取締役。 広島県の出身で、東京大学を卒業した1985年に毎日放送へ入社。入社後は、報道局・スポーツ局・営業局での勤務を経て、ラジオ局長、事業局長、常務、MBSメディアホール…
3キロバイト (311 語) – 2022年12月7日 (水) 12:14

明石家さんまが出演するMBSテレビ「痛快! 明石屋電視台」(土曜午後3時=関西ローカル)や、ダウンタウン浜田雅功出演の同局「ごぶごぶ」(土曜午後2時=関西ローカル)など、同局の人気番組がここに来て上昇傾向だ。

 MBSの虫明洋一社長(60)は19日、大阪市の同局で行われた新春社長会見で手応えを明かした。

 長年深夜帯で放送されていた2番組を、22年10月から土曜の昼帯に移動。結果、改編後の10~12月の同時間帯視聴率は前年の同月より0・1ポイント上がり、ランキングも同率トップに浮上した。

 虫明社長は「(深夜帯に)テレビの前に座る方が減ってきている。大物の方の番組がこのままでいいのかというのが原点だった」とし、早々の好成績に満足感をあらわにした。

 大胆な改編により、同局では土曜の朝から夕方まで、自社制作番組がタスキをつなぐ形になった。

 「所さんお届けモノです!」(午前7時30分)、「サタデープラス」(午前7時59分)、「せやねん!」(午前9時25分)、「よしもと新喜劇」(お昼12時54分)、「ごぶごぶ」(午後2時)、「痛快! 明石屋電視台」、「三度の飯よりアレが好き!」(午後4時)、「住人十色」(午後5時)と続く。

 これも狙いのひとつだった。虫明社長は「編成策がばちっとはまって結果出ることは少ない。うれしい成功例になった」と話していた。

 MBSはテレビに限らないコンテンツ作りも進めている。来年3月末にはJR大阪駅の西側に新劇場を開業する予定。同席したMBSメディアホールディングスの高山将行社長は、建設が順調に進んでいることを説明し、開業に向けて期待感を示した。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/489bd16f052fd0115afeed1051a4da170b84286b&preview=auto
新春社長会見に出席した、MBSメディアホールディングスの高山将行代表取締役社長(撮影・竹本穂乃加)

(出典 i.imgur.com)

続きを読む

続きを見る

萬ブログカテゴリの最新記事