【芸能】撮影事故 腰椎圧迫骨折の松本伊代 コンサート出演断念 夫・ヒロミが代わりにメーッセージ届ける「オーケストラの前で歌いたかった!!!」

【芸能】撮影事故 腰椎圧迫骨折の松本伊代 コンサート出演断念 夫・ヒロミが代わりにメーッセージ届ける「オーケストラの前で歌いたかった!!!」

【芸能】撮影事故 腰椎圧迫骨折の松本伊代 コンサート出演断念 夫・ヒロミが代わりにメーッセージ届ける「オーケストラの前で歌いたかった!!!」


松本 伊代(まつもと いよ、1965年6月21日 – )は、日本の歌手、タレント。本名:小園 伊代(こぞの いよ、旧姓:松本)。東京都大田区出身。血液型はB型。ビィーカンパニー所属。 夫はタレントのヒロミ、長男は俳優でタレントの小園凌央。姉はダンスインストラクターで1990年代前半頃には「松本伊代姉」名義で歌手デビューも果たした。…
58キロバイト (6,612 語) – 2023年1月19日 (木) 12:35

テレビ番組収録中の腰椎圧迫骨折により昨年11月から休養していたタレント・松本伊代が19日、都内で開催されたコンサート「湯川れい子 87th Birthdayフィルハーモニー音楽会」の出演を見合わせた。松本はゲストで登場予定だったが、医師の判断により大事を取ったという。会場には夫でタレントのヒロミが代打で登場。電話越しの松本の声を会場に届けた。

 ヒロミは「ギリギリまで出たいと言ってたんですが」と頭を下げ、松本は「オーケストラの前で歌ってみたかった!」と電話ごしでありながらも明るい声を聞かせてファンを一安心させた。司会の徳光和夫に声をさらに促されると「歌ですか?」と“らしい”天然発言で笑わせた。ヒロミは「起き上がったりするのにまだ少し時間かかるけど、もう元気です」と説明。愛妻ぶりを見せつけた。

 同コンサートは作詞家で音楽評論家・湯川れい子氏が22日に87歳の誕生日を迎えることを記念して開催。親交の深いアーティストらが集結した。全曲、湯川氏の作詞曲で構成。松本のデビュー曲にして代表曲「センチメンタル・ジャーニー」は湯川氏が作詞を手がけた。

 ゴスペラーズとラッツ&スターの選抜ユニット・ゴスペラッツが「ランナウェイ」や「街角トワイライト」などを熱唱。ほかにも稲垣潤一、中西圭三、中川翔子らが出演した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c351b970aa90db1c0cf02b2836e26706e8db778c

続きを読む

続きを見る

萬ブログカテゴリの最新記事