東部ロシア支配地域にウクライナが砲撃「63人死亡」 動員兵か、ロシアが異例の公表

NO IMAGE

東部ロシア支配地域にウクライナが砲撃「63人死亡」 動員兵か、ロシアが異例の公表

1: えりにゃん ★ 2023/01/03(火) 08:21:01.91 ID:ULWbGsaI9

 ロシアのプーチン政権が一方的に「併合」したウクライナ東部ドネツク州マケエフカで12月31日夜から1月1日未明にかけ、ロシア軍を狙い、ウクライナ軍が米国提供の高機動ロケット砲システム(HIMARS)で砲撃を加えた。

 ロシア国防省は2日、兵士63人が死亡したと発表。一方、ウクライナ側は動員されたロシア軍予備役とみられる約400人が死亡したと明らかにしており、死者数はロシア側発表より多い可能性がある。

 ウクライナ侵攻でロシア国防省は、相手の砲撃のたびに占領地の住民の犠牲者数を強調することはあったが、自軍の死者数を個別に公表するのは極めて異例だ。

 今回の砲撃については先に、複数のプーチン政権系メディアが通信アプリで「人的損害200人」「死者全員が動員兵」と指摘していた。ロシア国防省は、隠し通せば遺族の不満が増大しかねないことから「最小限」の人数公表に踏み切ったとみられる。 
https://news.yahoo.co.jp/articles/bfb7f10097f3289ca31975f12da3dbf2c6f07367

続きを見る

はや速カテゴリの最新記事