『橋本環奈』紅白司会でのマルチな才能発揮にファン感激!

『橋本環奈』紅白司会でのマルチな才能発揮にファン感激!

橋本 環奈(はしもと かんな、1999年〈平成11年〉2月3日 – )は、日本の女優。福岡県福岡市出身。ディスカバリー・ネクスト所属。 二卵性の双子として生まれ、双子の兄と7歳上の兄がいる。パイプオルガン奏者の諸岡亮子は伯母にあたる。 2007年(小学3年生当時)、「テレビに出たい」と思い、母に頼…
216キロバイト (26,042 語) – 2023年1月1日 (日) 16:47
大泉さんと、絶妙だったね!(^_-)-☆

1 冬月記者 ★ :2023/01/02(月) 08:24:45.44ID:ISMt8BvZ9

https://news.yahoo.co.jp/articles/872194bb7d4dfdfc71f6bbab485772c5839b2644

NHKと“縁”が少なかった橋本環奈の紅白司会 ファン絶賛のワケ…期待以上のマルチな才能発揮

 第73回NHK紅白歌合戦が12月31日に東京・渋谷のNHKホールで行われた。初の総合司会に抜てきされた女優の橋本環奈(23)の進行を称賛する声がネット上に続々と寄せられ、「今年も環奈ちゃんやって!」とファンは続投を切望している。

 橋本の司会が同局から発表されたのは、昨年の10月10日。これまで女性の司会者は朝ドラや大河ドラマのヒロインらが務めることが多かったが、橋本はいずれも出演しておらず、サプライズの起用にネットは驚きに包まれた。

 そして同月19日に行われた定例会見で、同局の林理恵メディア総局長は橋本の起用について説明。

 「フレッシュな印象をお持ちで、私が見てもかわいらしい方、度胸のある腹のすわった方という印象がある。新しい風を紅白に持ち込んでいただけるのでは」と期待し、朝ドラや大河ドラマなどの実績が少ないことについては「NHKに対して貢献度高いから司会に、というのはありません」としていた。

 そして迎えた本番。林総局長が「度胸のある腹のすわった方」と語った通り、橋本は堂々たる司会ぶりを見せた。肝の据わった落ち着いた進行に加え、日向坂46の「キツネ」では、司会パートナーの大泉洋とともにキツネ耳をつけてダンスを披露。また郷ひろみと「林檎殺人事件」をデュエットしたり、ディズニースペシャルメドレーにも登場して大泉と「星に願いを」を歌唱し、美声も響かせた。

 歌って踊れるマルチな才能を、勝負所でいかんなく発揮。ネット上では「司会がとてもお上手で、可愛くて華があって、明るくて、歌も歌えて、テンポも良くて、素晴らしかったです」と絶賛され、「出演者とのやり取りも自然体で、アーティストのパフォーマンスに合わせて踊ったり、とても楽しく見ることができました。気が早いけど今年も見て見たい!」

 「橋本環奈ちゃん、出場者の曲全部踊れるようにしてきたんか?ってくらいずっとノリノリで見てるだけで楽しかったから今年も環奈ちゃんがいい」と、ファンは2年連続の起用を願っていた。

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

トレンドキャッチブログカテゴリの最新記事