【渋谷】スペイン戦金星で歓喜も…渋谷スクランブル交差点の様子に「通勤客に迷惑」「スクランブル交差点は動物園状態」旭日旗まで出る始末www

【渋谷】スペイン戦金星で歓喜も…渋谷スクランブル交差点の様子に「通勤客に迷惑」「スクランブル交差点は動物園状態」旭日旗まで出る始末www

【渋谷】スペイン戦金星で歓喜も…渋谷スクランブル交差点の様子に「通勤客に迷惑」「スクランブル交差点は動物園状態」旭日旗まで出る始末www


渋谷スクランブル交差点(しぶやスクランブルこうさてん、英: Shibuya Crossing、中: 澀谷路口)は、渋谷駅の北西隣にあるスクランブル交差点。正式名称は渋谷駅前交差点であり、「渋谷駅前のスクランブル交差点」等の表記もある。 1973年にスクランブル
53キロバイト (6,605 語) – 2022年11月29日 (火) 11:59

森保一監督率いる日本代表は2日、FIFAワールドカップ・カタール大会のグループリーグ最終戦でスペイン代表に2-1と勝利。MF堂安律(SCフライブルク)とMF田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)のゴールもあり、ドイツ代表につづきW杯優勝候補相手に再び金星を挙げた。そんな中、渋谷スクランブル交差点に集結した人々がスペイン戦勝利で歓喜に湧いていることが話題を呼んでいるほか、批判的な意見も殺到している。

 日本代表は前半キックオフから防戦一方の展開となる中、前半11分にFWアルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリード)のヘディングシュートから先制ゴールを献上。その後も再三にわたりピンチを迎えたが、追加点を許さずに前半を終えた。

 森保一監督は後半キックオフからMF三笘薫(ブライトン)と堂安律を投入。すると48分、堂安律がペナルティエリア外で右サイドよりの位置から強烈なミドルシュートを放って同点ゴールを奪う。さらに51分には堂安律によるペナルティエリア右隅からのクロスをファーサイドで三笘薫が折り返し。ゴール前に走り込んだ田中碧が押し込む。一度はノーゴールと判定されたものの、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定の末にゴールが認められた。

 その後日本代表はスペイン代表の猛攻に遭ったが、DF冨安健洋(アーセナル)やMF遠藤航(VfBシュツットガルト)らの投入が功を奏し、2-1と勝利。ドイツ代表につづき欧州強豪国を撃破した。

 すると渋谷スクランブル交差点では、「オーバモニッポン」と日本代表のチャントを叫ぶ人々でカオスな状態に。警察官が警備にあたっているとはいえ、ツイッターでは「渋谷スクランブル交差点がすごいことになっている…」、「渋谷スクランブル交差点は動物園状態」、「通勤客に迷惑」といった批判が沸き起こっている。

続きを読む

続きを見る

萬ブログカテゴリの最新記事