【音楽】スタジオで起きた奇跡???中島みゆき新作レコーディングに“隠居状態”の吉田拓郎が参加「みゆきのバックコーラスを」wwwww 

【音楽】スタジオで起きた奇跡???中島みゆき新作レコーディングに“隠居状態”の吉田拓郎が参加「みゆきのバックコーラスを」wwwww 

【音楽】スタジオで起きた奇跡???中島みゆき新作レコーディングに“隠居状態”の吉田拓郎が参加「みゆきのバックコーラスを」wwwww 


中島 みゆき(なかじま みゆき、1952年〈昭和27年〉2月23日 – )は、日本のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。北海道札幌市出身。本名は中島 美雪(読み同じ)。1975年にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビューした。公式ファンクラブ名は『なみふく』。…
131キロバイト (8,430 語) – 2022年11月23日 (水) 12:06

1 湛然 ★ :2022/11/25(金) 05:49:41.01ID:mOycTDTy9

中島みゆき新作レコーディングに“隠居状態”の吉田拓郎が参加 スタジオで起きた奇跡

中島みゆきのレコーディングに吉田拓郎が参加

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

 約2年半の沈黙を経て、中島みゆき(70才)が活動を再開した。精力的に楽曲制作を続ける一方で、かつて憧れたフォークのカリスマには引退の時期が迫っている。「少しでも長く」と彼女が取った行動で奇跡が起きて──。

「みゆき、元気だったか!」。」都内の音楽スタジオの廊下に、吉田拓郎(76才)の声が響いた。満面の笑みで吉田を出迎えたのは、中島みゆきだ。2人は互いに歩み寄り、久しぶりの再会に熱いハグを交わした。

 11月11日、吉田は自身のラジオ番組『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)で、中島のニューアルバムのレコーディングに参加したことを報告した。吉田は年内での音楽活動からの引退を表明しており、集大成となるラストアルバムを6月に発売。完全に“隠居モード”だった彼が、突然発表したレコーディング参加は、ファンを驚かせた。冒頭はレコーディング直前の様子だが、2人が交わしたハグは奇跡の序章だった──。

(※中略)

◆みゆきに合わせてコーラスを入れよう

 一方の中島は2020年1月に「ラストツアー」と銘打った全国ツアーをスタートさせた。しかし、新型コロナの影響で翌月に中止を発表。以降、表立った活動から遠のいた。2021年3月に吉田がラジオ番組で引退の意向を明*と、活動休止状態の中島にも引退を心配する声があがった。

 だが、中島は今秋から活動を再開。9月からオンエアされたサントリーのコーヒー『BOSS』のテレビCMに出演すると、翌月には12月14日に通算47枚目のニューシングルを3年ぶりにリリースすると発表。さらに一部メディアの直撃取材に、来年の2?3月発売の予定でニューアルバムのレコーディングをしていると答えた。

 このアルバムが、冒頭、吉田がラジオ番組で明かしたもの。吉田が中島のレコーディングに参加するのは、これが初めてだ。吉田によれば、2010年に放送された吉田のラジオ番組に中島がゲスト出演した際に、中島のバックバンドとして演奏すると約束したことがきっかけだという。

「今回、中島さんサイドがオファーしたのは、当時の約束だけが理由ではないでしょう。拓郎さんの引退宣言に寂しさを感じている音楽関係者は多く、中島さんもそのひとり。少しでも長く一緒に音楽シーンにいてほしい、という思いで、すでに“隠居状態”だった拓郎さんを、熱烈なラブコールで引っ張り出したイメージです」(別の音楽関係者)

 吉田も、彼女の「思い」を酌み取ったようだ。吉田は自身の独特なシャウトにこだわりを持っていたが、近年は思うように声が出せなくなった。それが引退を決断した理由のひとつとされている。そのため、レコーディングの参加はギター演奏のみの予定だった。

「スタジオでレコーディングが進む中で奇跡が起こったんです。ギターを弾いていた拓郎さんが突然、“みゆきのボーカルに合わせて、バックコーラスを入れたい”と提案したんです。拓郎さんのきれいな歌声は健在で、周囲は“もっと聴いていたい”“引退はさせたくない”という思いになったようです。その思いを誰より強く抱いたのは、拓郎さんの背中をずっと追ってきた中島さんでしょう」(前出・別の音楽関係者)

 吉田は冒頭のラジオ番組で、レコーディングの後に中島から直筆の手紙をもらったことを明かした。その手紙には、次のような一文が綴られていたという。

《颯爽としたお姿もつやつやのお声もお変わりなく、うれしく、安心いたしました》

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

続きを読む

続きを見る

萬ブログカテゴリの最新記事