『室井佑月』糖尿病だけど丁寧な生活を送ることで闘病11年

『室井佑月』糖尿病だけど丁寧な生活を送ることで闘病11年

室井 佑月(むろい ゆづき、本名非公開、1970年〈昭和45年〉227日 – )は、日本の小説家、随筆家、タレント。 血液型はB型。身長162 cm。オーケープロダクション → オールラウンド所属。青森県八戸市出身。 1970年227日、 青森県八戸市で製薬会社のMRの父と元ホステスの母の間に…
25キロバイト (3,197 語) – 2022年11月3日 (木) 12:45
たしかに生活は規則正しくしないとね(*´ω`*)

1 フォーエバー ★ :2022/11/19(土) 16:58:20.40ID:aFJtUXc89

11/19(土) 16:35配信

デイリースポーツ
 エクササイズを実践する室井佑月氏=東京都内

 作家の室井佑月氏(52)が19日、都内で行われた配信イベント「歩いて学ぶ糖尿病 バーチャルウォークラリー」に出席した。

【写真】スレンダーなボディを披露する室井氏

 2005年に膵臓(すいぞう)の3分の2を摘出。その後、11年に糖尿病を発症した室井氏は「今は悪くもならず、踏みとどまっている感じ。自分に合う薬をようやく見つけられた」と話し「糖尿病の薬は、血管(の老化)をとどめてくれる薬だと思ったら、飲めますね」とポジティブに捉えていることを明かした。

 病気への受け止めを「尿という漢字が名前に入っているのがいやでした。ひらがなにするっていうのはどうです?」と“プチ改名”を提案。闘病における夫で立憲民主党の衆院議員・米山隆一氏の協力ぶりについては「ウチのダンナは夕方に炭水化物を食べない。最初はめんどくさい人だと思ってたけど、(自身の食事制限に)気を使って我慢してくれているのかな」と感謝した。

 闘病の大変さについては「そんなにない」と明るく話し「丁寧な生活を送ることができているんじゃないかな。怖い病気じゃないです。他の人より長生きできる可能性が高いと思います」と患者にメッセージを送っていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5874407d19be5bcc29c40fae9ae2ad3fef5eb1ee


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

トレンドキャッチブログカテゴリの最新記事