『有村昆』テスラに憑りつかれていたwwwwww

『有村昆』テスラに憑りつかれていたwwwwww

有村 (ありむら こん、1976年7月2日 – )は、マレーシアのクアラルンプール出身の日本のラジオパーソナリティ、映画コメンテーター。本名は藤村 (ふじむら こん)。ホリプロスポーツ文化部所属。愛称は「アリコン」。 1976年(昭和51年)、マレーシア・クアラルンプールで生まれる。6歳の時に日本へ帰国。東京都杉並区で育つ。…
26キロバイト (2,977 語) – 2022年11月2日 (水) 07:37
のめり込んじゃったのね(*´ω`*)

1 muffin ★ :2022/11/12(土) 17:19:04.17ID:ij5OUQFT9

https://news.yahoo.co.jp/articles/4521c2a745fb4c70265b3aa76e655c247cf3619c
https://encount.press/archives/380136/

時代が進むにつれて増えてきた電気自動車。なかでもツイッター買収に宇宙開発など世界で注目を集めているイーロン・マスク氏がCEOを務めるテスラに“取りつかれた”者がいる。映画コメンテーターの有村昆だ。その魅力とオーナーだからこそ分かる問題点について話を聞いた。

「イーロン・マスク氏の脳みそがあのテスラなんですよ!」。興奮気味に話す有村は姿勢が前のめりになっていった。取材当日も愛車テスラに乗って登場した有村。静かなだけでなく、SFの世界に登場する宇宙船のような音がした。

テスラとの出会いは2019年6月。当時について「雷に打たれるくらい衝撃でした」と振り返る。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンが好きな有村はとにかく新しいもの好き。未来が詰まったその車体にを気にせずにはいられなかった。2012年に発売された「モデルS」15年に発売された「モデルX」は当然のように1500万円超え。なかなか手は出せなかったという。

「友だちが持っていたテスラに乗せてもらったときに根底から覆されたんですよ。これは『車じゃない、テスラだ』って。モデル3発売時に700万円とかに落ちた時に即買いました」

「車じゃない」とはどういう意味なのか? 出会って3年たつも初めて乗ったそのときの興奮そのままで説明する。

「まずはボタンがないんですよ。今までエアコンとかボタン操作していたものが全てタッチパネルでの操作になるんです。それでいて全て音声で操作可能。マイケル・ジャクソン聴きたいって言えば聴けるし、寒いって言えば暖かくなるんです」

ベンツにデロリアン、ポルシェ、レクサス。高級車という高級車に今まで乗ってきた。各々良さはあるが勝っていると感じる部分は多分にあった。

「まずはデザイン性。あとは加速がポルシェカイエンより全然速いんですよ。電気代も圧倒的に安い。ポルシェカイエンだったら満給油すると1万6000円くらいかかる。テスラは1600円なんですよ。コスパもいいし優秀っすね」

全文はソースをご覧ください


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

トレンドキャッチブログカテゴリの最新記事