【アニメ】初声優に“恐怖心”あった?????深津絵里、苦戦の連続で「どん底まで落ち込むこともありました」 wwwwwwww

【アニメ】初声優に“恐怖心”あった?????深津絵里、苦戦の連続で「どん底まで落ち込むこともありました」 wwwwwwww

【アニメ】初声優に“恐怖心”あった?????深津絵里、苦戦の連続で「どん底まで落ち込むこともありました」 wwwwwwww


深津 絵里(ふかつ えり、1973年1月11日 ‐ )は、日本の女優、歌手。大分県大分市出身。本名同じ。アミューズ所属。母は書家の深津諭美子。愛称は「ふかっちゃん」。 1986年(昭和61年)、東京・原宿で行われていたミス原宿グランプリ(コンテスト)に参加し優勝をしたのをきっかけに13歳で芸能界デビュー。…
41キロバイト (5,241 語) – 2022年11月10日 (木) 22:00

『すずめの戸締まり』初日舞台あいさつに登場した深津絵里 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の深津絵里(49)が11日、都内で行われた新作アニメーション映画『すずめの戸締まり』の初日舞台あいさつに出席した。今作で“声優デビュー”を飾った深津は「とっても怖かったです」とアフレコ時の心境を明かした。

【集合ショット】深津絵里、原菜乃華、松村北斗ら…豪華キャストが集結

 『君の名は。』(2016年)、『天気の子』(19年)に続く、新海誠監督(49)の3年ぶりとなる最新作は、ヒロイン・岩戸鈴芽(すずめ/CV:原菜乃華)が「閉じ師」の宗像草太(CV:松村北斗)と出会い、初めて二人で協力して“扉”を閉める場面から物語は大きく動く。二人の前に突然現れた言葉を話す謎の猫・ダイジンによって、すずめが幼少期に使っていた“椅子”に姿を変えられてしまった草太。姿を消したダイジンを捕まえるために走り出す椅子(草太)を追いかけ、すずめの日本各地を巡る“戸締まり”の旅が始まる。

 過保護な叔母・岩戸環を演じた深津は「とっても怖かったです。だけど新海監督が温かく、粘り強く導いてくださったおかげで無事に完成を迎えることができました」とあいさつ。アフレコ収録は苦戦の連続だったようで「思い通りにできなくて、どん底まで落ち込むこともありましたが、何とか気分を変えようと当てもなく街を歩いたり、新幹線に乗って京都のお寺で心を沈めてみたり。初めてのことをこの年齢でトライできたこと、新海監督に感謝したいです」としみじみと振り返った。

 さらに、新海作品のヒロインに抜てきされた原菜乃華(19)に、深津は「私の何百万倍も怖かったと思う。背負わなくちゃいけないことも多かったし、作品の中の鈴芽みたいにアフレコの収録現場でも目の前のことに立ち向かって、戦っている姿はとても美しかった。こうやって原さんのような素晴らしい感性を持った女優さんと一緒にお芝居をできたことは、また一つ大きな宝物のような作品になりました」と賛辞を送った。

 この言葉に「本当に泣きそうになるくらいうれしい」と感激しきりだった原は「深津さんのお芝居を隣で見させていただいて、自分の中でも知らないような鈴芽がたくさん出てきて感謝しかないです」と話していた。

 舞台あいさつにはそのほか、松村北斗(27)、染谷将太(30)、花瀬琴音(20)、新海誠監督(49)が出席した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d9953533719f51d4ad2f9f4564d73bf23b155cc6


(出典 contents.oricon.co.jp)

続きを読む

続きを見る

萬ブログカテゴリの最新記事