【芸能】10代・20代は「苦しかった」 鈴木杏、30代になって変化した芝居への向き合い方wwwwww

【芸能】10代・20代は「苦しかった」 鈴木杏、30代になって変化した芝居への向き合い方wwwwww

【芸能】10代・20代は「苦しかった」 鈴木杏、30代になって変化した芝居への向き合い方wwwwww

クランクイン!
■“表れては消えていく”という儚さが魅力―― 舞台は「人間として鍛えられる場所」
舞台『凍える』に出演する鈴木杏

 昨年は優れた舞台作品や演劇人を表彰する、第28回読売演劇大賞の大賞・最優秀女優賞を受賞し、今秋にはセンセーショナルな内容に3人芝居で挑む『凍える』に出演する鈴木杏。30代に突入してより豊かさと深みを増した俳優として、あらゆる作品でキラリと光る存在感を発揮している。10歳で大役を担ったドラマの思い出や、「苦しかった」という10代から20代、「おおらかに芝居と向き合えるようになった」という今の心境までを、鈴木が明かした。

【写真】現在35歳 「楽な気持ちでお芝居に向き合えるようになりました」と語る鈴木杏 インタビューカット

 10月2日に幕を開ける舞台『凍える』は2004年にニューヨークで上演されて評判となり、トニー賞のBEST PLAYにもノミネートされたヒューマンサスペンス。幼少期に受けた虐待で患った疾患により、児童に執着して殺人を繰り返すラルフ(坂本昌行)と、娘を*れたナンシー(長野里美)、ラルフを担当する精神科医アニータ(鈴木)の姿から、それぞれの心に潜む憎悪や悲しみ、絶望感を描き出す。

 演出は、鈴木が第28回読売演劇大賞で受賞を果たした一人芝居『殺意 ストリップショウ』も手がけた栗山民也が担当。脚本を受け取った鈴木は、「栗山さん、また大変な戯曲を選んだなあと思って」と苦笑い。「セリフには書かれていない、余白の部分がとても大切になる作品」と難役だと感じつつ、「今、毎日のように児童虐待のニュースが流れてきますが、アニータとして脚本を読んでいても、そういった問題に対して社会はどのように関わっていくべきなのかと考えさせられました。戯曲を飛び越えて、私自身も身近な問題としてのメッセージを受け取った気がしています」と思考を深めながら、作品と格闘しているという。

 坂本、長野との3人芝居。劇中では緊張感あふれるやり取りが続くが、鈴木は「それぞれが自分のやるべきことに立ち向かっていて、とてもストイックな稽古場」と印象を吐露。

 「坂本さんは役を深めていくスピードがとても速くて、キャラクターが日を追うごとに多面的になって、どんどんグラデーションが見えてくる。長野さんは、日常が見えるお芝居をされる方。生活感がにじみ出てくるようなすばらしいお芝居で、私が今までにあまり出会ったことのないようなタイプの女優さんだなと感じています。私たち3人のお芝居のカラーがそれぞれ違うので、観てくださる方もきっと面白いはず」と共演者から刺激を受けながら、充実の稽古期間を過ごしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3127852312ee6279214757bcd183ee80882d2921


(出典 www.crank-in.net)

続きを読む

続きを見る

萬ブログカテゴリの最新記事