【悲報】松岡茉優 衝撃告白!!!これは凄惨すぎる・・・・・

【悲報】松岡茉優 衝撃告白!!!これは凄惨すぎる・・・・・

【悲報】松岡茉優 衝撃告白!!!これは凄惨すぎる・・・・・

松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年(平成7年)2月16日 – )は、日本の女優。東京都出身。ヒラタフィルム所属。 8歳の時、当時3歳の妹の松岡日菜がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹のついでに事務…
91キロバイト (12,235 語) – 2022年9月21日 (水) 23:37
これは悲しいな

1 jinjin ★ :2022/09/22(木) 20:50:46.66ID:CAP_USER9

松岡茉優「高校時代の便所メシ」告白 
人気子役は学校でいじめられる説はいまだに

「高校3年生の文化祭の準備期間まで私、友達がいなくて、ずっとトイレとか階段でご飯食べていたんですけど」──和気あいあいな雰囲気の中で、苦笑いしながらさらっと発した言葉だったが、
SNS上ではあっという間に「やっぱり子役=いじめられやすいっていう説はあるんだな」や「便所メシとは……今の明るいイメージからは意外すぎる過去」と、少々ざわついた。

冒頭のコメントを話したのは、9月15日にTBS系で放送されたトークバラエティー番組『櫻井・有吉THE夜会』にゲスト出演した、女優の松岡茉優(27才)。
高校の同級生として、ももいろクローバーZの百田夏菜子(27才)、バラエティータレント朝日奈央(28才)、声優の日高里菜(28才)と仲良し4人組で登場した。芸能関係者が語る。

「この4人は、都内の芸能人が数多く在籍することで有名な私立高校出身。8才から事務所に所属し子役として活躍してきた松岡さんは、当初は都立高校だったが、途中で芸能の仕事を両立できる同高に転校していました。番組では『私たちは、仲良し6人組の中の4人』と説明して、当時の仲睦まじい写真の数々を見せていましたね」

松岡は、隣の席だった朝日から、自分が食べていたとろろそばに「それひと口ちょうだい」と言われたことが、仲良くなったきっかけだと明かして「ねばねばしているものって、とても人のは食べたくないものなのに、食べてくれたから」と続け、MCの櫻井翔(40才)や有吉弘行(48才)を笑わせた。
当初は暗く寂しかった高校生活を、明るい朝日や百田が変えてくれたことへの感謝がにじみ出ていた。

「松岡さんはバラエティー番組でも機転の利いたコメントができるし、芸能界でも交友範囲が広いイメージだったので、高校まで友人ができなかったという彼女の発言は大きな話題となりました。もっとも芸能界では“あるある”ではあります。子役が学校で浮いてしまう例は実際に少なくない」(前出・芸能関係者)

SNSでもささやかれたように、昭和のころから子役へのいじめの例は多かった。

2才から子役デビューしていた安達祐実(41才)は、2018年のフジテレビ系『ダウンタウンなう』にゲスト出演した際に、自分の靴が学校の花壇に植えられていたエピソードなどを明かして「『家なき子』がブレークしたころの私はいじめられている気が満々でした」と告白。

レギュラーMCで、同じく2才から子役をしていたタレント坂上忍(55才)も「僕もそうだった。結構いじめられていた時期があった。窓から机を放り投げられていて、自分で拾いにいったら、彫刻刀で『*』って書かれてた」と、凄惨な思い出話をしていた。

近年でも、9才から芸能活動をする女優の伊藤沙莉(28才)が、雑誌のインタビューで「当時はクラスメートたちから『売れない子役』ってからかわれていて、テレビに出ているときはみんな私のところに集まってくるけど、ちょっと出なくなると全然遊んでくれなかった。子役だったら、誰もが付き合わざるを得ない(問題だ)と思います」と語っていた。

一方で、芸能界の中では、子役出身者は幼いころから大人社会にもまれるからか、ひときわ、癖やこだわりの強いタイプが多いともいわれている。
松岡もバラエティー番組では、機転の利いた発言や明るいキャラクターからくる親しみやすさが売りのひとつだが、ここ4年間で2度も所属事務所を移籍するなど、舞台裏での行動が報じられることもたびたびだ。

「移籍といっても、2回ともグループ内の事務所への移籍で、大きなトラブルはないと見られています。たしかにこだわりの強い方ですが、人気・実力もあり、下積みの苦労も経験しています。学生時代のことはつらい部分も少なくなかったようですが、かけがえのない友達ができたことで、いまは人前で話せるほどの思い出に変わっていったようですね」(別の芸能関係者)

多重人格の刑事を演じるレギュラー出演中の連続ドラマ「初恋の悪魔」(日本テレビ系)も、いよいよ9月24日に最終回。物語の結末とともに、苦労人松岡の今後も注目だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ef3b3fd079653cfd5d794576ee3e36215aae42c?page=1

続きを読む

続きを見る

おもしろがり速報カテゴリの最新記事