『若槻千夏』若い頃に先輩の圧力に涙したエピソード3連発w

『若槻千夏』若い頃に先輩の圧力に涙したエピソード3連発w

若槻 千夏(わかつき ちなつ、1984年5月28日 – )は日本のタレント。元グラビアアイドル。結婚前の本名:栗原 千春(くりはら ちはる)。所属事務所はプラチナムプロダクション。 2001年 17歳の時に友人と渋谷109を訪れたところを、現所属事務所からスカウトされる。…
53キロバイト (7,110 語) – 2022年8月18日 (木) 14:28
千夏さん、とても2人の子持ちとは思えないキャラだね(*´ω`*)

1 フォーエバー ★ :2022/09/21(水) 23:26:51.34ID:CAP_USER9

9/21(水) 22:38配信

スポニチアネックス

 タレントの若槻千夏(38)が21日放送の日本テレビ「上田と女が吠える夜」(水曜後9・00)に出演。グラビアアイドル時代に先輩の圧力に涙したエピソードを3連発で明かした。

 この日の番組テーマは「涙もろすぎて生きづらい女たち」。若槻は、グラビアアイドル時代にグラビアの人たちとの生放送に出演した時のエピソードを話し始めた。生放送のMCは若槻に多く振られるため、若槻がいっぱい話をしたという。

 しかし生放送には時間に限りがあるため、先輩のグラビアアイドルはそれが嫌になったのか、放送の途中から若槻の足を踏み続けていたという。踏まれていた若槻はリアクションができないため、話し続けたが放送後に怖くて涙を流した。

 共演者から「誰?」と言われると若槻は実名で答えるも放送では名前を消された。まさかの回答にMCのお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也も「誰?とは言ったけど言うな!」とツッコミを入れた。

 若槻のエピソードはこれで止まらなかった。グラビア撮影をする際に用意された水着は年功序列で決めていくというルールがあると説明。しかしそのルールを当時知らなかった当時の若槻は、スタイリストから「最初に決めちゃっていいよ」という言葉もあったため、先に水着をチョイス。すると、その後に来た先輩グラビアアイドルが「えっ!?ウソでしょ?お前誰?水着戻せよ」と強く言われて最初に選んだ水着を返し、結局一番最後に水着を選んだという。

 「言い方とか冷たくて、凄く怖くて泣きました」と回顧すると再び周りから「誰?」と声が飛んだ。すると「もういないんですけど…」と話しながら再び実名を挙げた。これも放送では名前を消されたが、実名を聞いた上田は「なんかわかる。言いそうだわ」と同意した。

 若槻は「それでいうと…」と次のエピソードに行こうとすると、上田から「お前、いくつ墓穴を掘るの?」とツッコミを入れられた。

 最後のエピソードは、若い頃にコント番組に呼ばれた若槻。旬のタレントとして番組に多く呼ばれていた。しかしレギュラーで出演していた女性タレントは、その出演の多さが鼻についたのか、とある収録前に若槻の楽屋に来て「あんたさ、あの人に抱かれてる?」と言われて、悔し涙を流したことがあると振り返った。

 周りから「誰?」と言われると、ここでも放送上は伏せられたが実名をぶっこみ。スタジオは「すごい!」と拍手喝采となった。若槻のぶっちゃけぶりに、共演者の大久保佳代子は「芸能界やめるの?」と心配していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/36b4ec235fc9376242e614eaf6e098177ca957f7


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

トレンドキャッチブログカテゴリの最新記事