今日8月7日は『立秋』

今日8月7日は『立秋』

今日8月7日は『立秋』

二十四節気 立春 雨水 啓蟄 春分 清明 穀雨 立夏 小満 芒種 夏至 小暑 大暑 立秋 処暑 白露 秋分 寒露 霜降 立冬 小雪 大雪 冬至 小寒 大寒 ← ↓ → ↑ 立秋(りっしゅう)は、二十四節気の第13。七月節(旧暦6月後半から7月前半)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が135度のと
11キロバイト (829 語) – 2022年7月19日 (火) 08:55
立秋(りっしゅう)」は、「二十四節気」の一つで第13番目にあたる。

現在広まっている定気法では太陽黄経が135度のときで8月7日頃。

「立秋」の日付は、近年では8月7日または8月8日であり、年によって異なる。

2022年(令和4年)は8月7日(日)である。 「立秋」の一つ前の節気は「大暑」(7月23日頃)、一つ後の節気は「処暑」(8月23日頃)。「立秋」には期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「処暑」前日までである。

また、「夏至」(6月21日頃)と「秋分」(9月23日頃)の中間にあたり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から「立冬」(11月7日頃)の前日までが「秋」となる。

暦の上ではこの頃から秋の気配が感じられ、秋風が吹くとされ、「秋の気配が立つ日」という意味で「立秋」。

しかし、実際は気候的に一年で最も暑い時期にあたる。 江戸時代の暦の解説書『こよみ便覧(べんらん)』では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」と説明している。

「立秋」の翌日からの暑さは「残暑」と呼び、「暑中見舞い」ではなく「残暑見舞い」になる。 この日に至っても梅雨が明けない場合は「梅雨明け」の発表はされなくなる。そのため、東北地方(特に北東北)などでは「梅雨明けなし」となることがある。

全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)は「立秋」頃に開幕を迎える。 「立秋」の日付は以下の通り。
2016年8月7日(日)
2017年8月7日(月)
2018年8月7日(火)
2019年8月8日(木)
2020年8月7日(金)
2021年8月7日(土)
2022年8月7日(日)

続きを読む

続きを見る

知☆得!納得!ネタ祭りカテゴリの最新記事