『IMALU』奄美大島でパートナーとともに環境問題・魅力発信に取り組む

『IMALU』奄美大島でパートナーとともに環境問題・魅力発信に取り組む

IMALU(イマル、1989年9月19日 – )は、日本のモデル、タレント、歌手である。本名:大竹 いまる(おおたけ いまる)。 東京都出身。エスター、リトルトウキョウプロダクションを経て、TWIN PLANET所属。星座はおとめ座。 1989年9月19日14時4分頃、東京都内の病院で生まれた。生
40キロバイト (4,849 語) – 2022年7月9日 (土) 19:21
台風には気をつけてね(*´ω`*)

1 ネギうどん ★ :2022/08/05(金) 10:39:52.13ID:CAP_USER9

 タレントのIMALU(32)が、東京と奄美大島のニ拠点生活をはじめる。従来のタレント活動に加え、奄美大島の環境問題や魅力の発信に取り組む。10代から芸能界での仕事を続けて変わった仕事への思いや結婚観、“さんまの娘”としての想い、コロナ禍を経ての心境の変化などを赤裸々に話した。

■奄美大島との出会いは、“ビビビッ”ときた

――東京と奄美大島との二拠点生活を始められたそうですね。きっかけはあったのでしょうか?

IMALU:旅と海が好きで、実は数年前から「旅をしながらリモートでの仕事を増やせないか」と本気で考えていたんです。そのうちにコロナ禍になり、旅行がしにくい日々が続く中で、ニ拠点生活を考えるようになりました。

――なぜ、奄美大島だったのでしょう。

IMALU:東京からアクセスのよい伊豆や鎌倉なども選択肢として考えていたのですが、初めて奄美大島を訪れたときに一瞬で「ビビビッ」ときて、「ここに住んじゃおう」と思ったんです(笑)。東京が嫌いになったわけでもなく、移住でもなく、二拠点での生活。半々のバランスでどこまでやっていけるかのチャレンジしてみたいと思っています。

――ご両親に相談はしたのですか?

IMALU:相談はしなかったですね。決めてから報告をしました。私は直感で動いちゃうタイプなので、思ったら即行動って感じでした。うちは両親とも「好きなことを自由にすれば」という感じなので、「いいじゃん。遊びにいくね」と盛り上がっていました(笑)。

――奄美大島では、どんな活動を予定していますか?

IMALU:奄美大島の話をすると、まず「聞いたことはあるけど、具体的にはどこだっけ?」と言われることが多くて。私も訪れる前はピンと来てなかったけれど、鹿児島県と沖縄本島のほぼ中間に位置していて、東京から飛行機の直行便も出ています。沖縄と同じように海がキレイなのに、人は少ない。黒糖焼酎や鶏飯など美味しいものもたくさんあるし、島唄も沖縄とはちょっと違う切なさがあったり。魅力がたくさんあるのに、まだちゃんと知られていない気がして。だからこれから奄美大島のことを勉強しながら魅力を発信して、貢献できることを自分の中で見つけれたらと思っています。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/8725c54ba8e67b999e8e0a8256b5946c77246905?page=2

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

トレンドキャッチブログカテゴリの最新記事