海のミルク『知内のカキ』

海のミルク『知内のカキ』

海のミルク『知内のカキ』

6人/km²。(2022年6月30日、住民基本台帳人口) 以下の2を含む。 知内町(しりうちちょう) 木古内町(きこないちょう) 1879年(明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、木古内町および北斗市の一部(追分、久根別、中野通、清川、野崎、戸切地以南)を加えた区域にあたる。知内町は明治14年(1881年)に福島郡から編入された区域である。
8キロバイト (1,245 語) – 2022年5月15日 (日) 00:22
日本海を北上する暖流と、太平洋からの寒流が交差する津軽海峡の荒波と、道南の名峰大千軒岳が源の知内川が運んだ肥沃な大地により育てられた知内の逸品です。

津軽海峡でおいしく育った知内のカキ。

カキの写真海峡の早い海流で育った「知内カキ」。他に類を見ない海峡での外海養殖は十分に栄養を取り込んで、大きく身の締まったカキを育てます。

カキが海のミルクと呼ばれるのには、カキに含まれる豊富な栄養素が理由に挙げられます。

良質なタンパク質を多く含み、グリコーゲン、ビタミンA・B1・B2・C、カルシウム、亜鉛、鉄をはじめ、ストレス制御、ダイエット効果、成人病の予防などに効果がある、話題のタウリンも含まれています。栄養素が欠乏しがちな冬の食生活には最適な食品です。

続きを読む

続きを見る

知☆得!納得!ネタ祭りカテゴリの最新記事