【K-POP】 韓国ガールズグループの新曲が「性的すぎる」と物議

【K-POP】 韓国ガールズグループの新曲が「性的すぎる」と物議

【K-POP】 韓国ガールズグループの新曲が「性的すぎる」と物議

・・・・・・・・・・・・・・

1 LingLing ★ :2022/08/04(木) 20:47:21.35ID:CAP_USER

10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議
ニューズウィーク日本版


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

<ファーストミニアルバム「NewJeans」でデビューした新人アイドルグループだが、その曲の歌詞が「未成年が歌うには性的すぎる」との批判が>

韓国の新人ガールズグループ「ニュージーンズ(NewJeans)」の曲「クッキー(Cookie)」の配信が、8月1日に始まった。しかし、10代のメンバーで構成される彼女たちに歌わせるには、歌詞が性的すぎるのではないかという理由で反発を招くこととなった。

問題の曲は、韓国の大手芸能事務所HYBE Corporationの公式ユーチューブページでリリースされた「クッキー(Cookie)」。プロデューサーは、K-POP界の敏腕アートディレクターとして知られ、HYBEの新レーベル「ADOR」のCEOを務めるミン・ヒジンだ。

クッキーのミュージックビデオが公開されると、多くのオンラインユーザーが、この曲は女性器に言及しており、年齢にそぐわないと異議を唱えた。ニュージーンズのメンバーは、14~18歳の5人だ。

問題となった歌詞は韓国語だが、訳すと以下のようになる。「小さなクッキーをつくった/あなたのために焼いた/チョコレートチップを/いっぱいにちりばめたい/あなたをおなかいっぱいにしたい/ほしいなら、あげる、ほしいなら/あなたの声をもう一度聞かせて」

■「クッキーは女性器の隠語だ」

あるツイッターユーザーは、未成年のメンバーを心配しながら、次のように書いている。「ニュージーンズのクッキーの歌詞? 『私のクッキーを見て。こっちに来て、見て』、『ほしいんでしょ?』、『あなたが食べるところを見たい』、『私のクッキーを食べて』だって」「ミン・ヒジンはもう終わっているんじゃない? 本当に…」

別のユーザーは、次のように投稿している。「クッキーは女性器の隠語なんだから、私のクッキーと連呼されたら、かわいくて純真には聞こえない。歌詞を書くときは、あらゆるファンからの解釈を意識し、誤解を避ける必要がある。彼らは無責任なのか、それとも、むしろ下品さを狙っていて、それを隠すための言い訳を用意しているだけなのか」

次のように書くユーザーもいた。「この歌詞を承認し、彼女たちに歌わせた人物は最低だ。人々は心配している。特に、CEOが(未成年の少女の写真の扱いについて)非難を浴びた後だから」

一方、この曲を韓国語で聴くと、下品というわけではないという声もある。

あるファンは、「クッキー」という言葉について次のように説明している。「クッキーは、彼女たちのアルバムのことだ。韓国では、『CDをつくる』ことを『CDを焼く』とも言う。彼女たちはクッキー(=CD)を焼き、私たちはそれを求め続けるという意味なんだ」

別のユーザーはこう書いている。「歌詞の一部については、居心地悪く感じた(あまりに大人びているから)。この曲は、『こっちに来て(私が焼いた)クッキーを見て』という歌詞で意味を変えようとしているけど」
(翻訳:ガリレオ)

ジェニファー・マノンド

https://news.yahoo.co.jp/articles/64d5c877619441d6578f2fd8886df87d2ee00d48
517

続きを読む

続きを見る

トレンドアップカテゴリの最新記事