【ドラマ】長澤まさみ、“落ち目”女子アナ役で連ドラ主演!「エルピス」

【ドラマ】長澤まさみ、“落ち目”女子アナ役で連ドラ主演!「エルピス」

【ドラマ】長澤まさみ、“落ち目”女子アナ役で連ドラ主演!「エルピス」

長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年(昭和62年)6月3日 – )は、日本の女優。本名同じ。身長168cm。東宝芸能所属。 静岡県磐田市出身。堀越高等学校卒業。 父は元サッカー日本代表で、Jリーグ参入前のジュビロ磐田(ヤマハ発動機サッカー部)の監督を務めた長澤和明。
94キロバイト (12,013 語) – 2022年7月26日 (火) 00:39
楽しみですね

1 jinjin ★ :2022/07/26(火) 06:17:31.96

長澤まさみ 4年半ぶり連ドラ主演、落ち目女子アナの社会派エンタメ、10月期フジ系「エルピス」

女優の長澤まさみ(35)が、10月期のフジテレビ系連続ドラマ「エルピス―希望、あるいは災い―」(月曜・後10時)に主演することが25日、分かった。
2018年4月期の同局系「コンフィデンスマンJP」以来、4年半ぶりの連ドラ主演になる。

スキャンダルで落ち目となったアナウンサー(長澤)が、若手ディレクター(眞栄田郷敦)らと共に死刑が確定した連続殺人事件の真相に迫る社会派エンターテインメント。
NHK連続テレビ小説「カーネーション」(11~12年)の渡辺あや氏が初めて民放の連ドラ脚本を担当し、実在した複数の事件から着想を得て制作する。

渡辺あや氏民放初脚本 長澤ふんする恵那は「10年に1人の逸材」ともてはやされ、入社早々からニュース番組のサブキャスターに抜てきされた“元エース”。
激務で疲弊し人気に陰りが見え始めた頃、週刊誌に路上キス写真を撮られて番組を降板。現在は「制作者の墓場」と揶揄(やゆ)される深夜の情報番組のコーナーMCを担当していた。

ある日、バラエティー番組のディレクター・拓朗(眞栄田)から連続殺人事件の死刑囚のえん罪疑惑を聞き、彼とともに疑惑を確かめようと決意。
その過程で、一度は失った「自分の価値」を取り戻していく。

長澤は「世の中にある正義って、具体的に何を指しているのか戸惑うことがあります。自分の正義を貫くことも容易ではないし、人それぞれ、ひたむきに今と戦っていると思います。目の前に起こることに、夢中になって明日を生きる。そんなふうに人生を歩めたらいいなと思いました。渡辺あやさんの物語と時間の流れに、身を委ねて楽しんでもらいたいです」。

すでにクランクインしており「共感することの多い役でした。自分の中にある“恵那”を絞り出して演じたい。落ち着いて、起こる出来事に反応していきたいです」と意気込んだ。

眞栄田が演じる拓朗は、裕福な家庭環境とルックスも相まって一見、何不自由のない人生に見えるが、大きなトラウマを抱えた役どころ。
「普段は役のベストを探ることが多いですが、今回はやりすぎと言われるぐらいやってみたい。とにかく思いっきりぶつかっていきたいです」と気合十分に撮影に臨んでいる。

また、鈴木亮平(39)が2人の相談に乗る報道局のエース記者

https://news.yahoo.co.jp/articles/6108310abdff35b89dbffefd38775168b2653ffe

続きを読む

続きを見る

最新ニュースまとめちゃんねるカテゴリの最新記事