宮根誠司さんに拍手喝采! 反社会的勢力、統一教会に切り込む姿に「国民の代弁者」と称賛の嵐 !!!!!!!!

宮根誠司さんに拍手喝采! 反社会的勢力、統一教会に切り込む姿に「国民の代弁者」と称賛の嵐 !!!!!!!!

宮根誠司さんに拍手喝采! 反社会的勢力、統一教会に切り込む姿に「国民の代弁者」と称賛の嵐 !!!!!!!!

宮根 誠司(みやね せいじ、1963年(昭和38年)4月27日 – )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、総合司会者。テイクオフ所属。島根県大田市出身。元朝日放送(現:朝日放送テレビ)エグゼクティブアナウンサー。 島根県立大田高等学校卒業後、浪人生活を経て関西大学経済学部に入学。大学卒業後の1
32キロバイト (4,540 語) – 2022年6月10日 (金) 10:16

1 牛丼 ★ :2022/08/04(木) 19:21:32.35ID:CAP_USER9

7月31日の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)では、『世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)』と政治家のつながりについて報道。司会の宮根誠司も「統一教会」に果敢に切り込んでいった。以前と比べ、人が変わったかのような振る舞いを見せるここ最近の宮根に、称賛の声が相次いでいる。

安倍晋三元首相の銃撃事件から早3週間。さまざまな政治家たちと「統一教会」の関係が浮き彫りになった。同日の番組では、木原誠二官房副長官の「政府として、反社会的勢力ということをあらかじめ限定的かつ統一的に定義することは困難」といった発言をはじめ、言い訳とも開き直りとも受け取れる発言を繰り返す政治家のコメントを紹介。「統一教会」と政治の関係性の全容を解明すべく、切り込んでいった。

話題が「反社会的な宗教団体の規制は可能か」というテーマになると、宮根は「問題は宗教ではなくて、統一教会の実態」と前置き。そして、岸田文雄首相の「政治家の立場からそれぞれ丁寧に説明をしていくことは大事だと思う」というコメントに待ったをかけるように、「僕はもうハッキリ、岸田総理が先頭に立って旧統一教会との決別宣言、旧統一教会の被害者の皆さんの救済宣言をすべき段階に入ってると思いますけどね」と持論を展開した。

宮根誠司がついに覚醒か…

煮え切らない岸田首相へ持論をぶつけた宮根に、ネット上では、

《そのとーーり。最近の宮根さんかっこよすぎ》
《何だか宮根誠司が目醒めている。簡単には好きになれないが、カルト自民党に関しては立派》
《サンキュー宮根。国民の代弁者や》
《統一教会をいつも取り上げてくれる宮根誠司さん、めちゃくちゃ頼もしい》
《宮根さんはお昼のミヤネ屋に限らず、本当にこの問題を重く受け止め頑張っておられます。本来、当事者である政治家各位がこうあるべき。勝手ながら応援させていただきます》
《宮根誠司さん、覚醒した。今までの与党寄りの姿勢からは俄に信じがたいが。心なしか憑き物が取れたようなスッキリした顔つきになった》
などと絶賛する声が続出。ジャーナリズムに目覚めた宮根を評価する人も多いようだ。

「宮根は自身が司会を務める『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)でも、『統一教会』について言及。他局よりも明らかに丁寧に『統一教会』と自民党の癒着について掘り下げていました。その結果、宮根の評判はうなぎのぼり。新型コロナウイルス関連で失言をすることも多いですが、視聴者のほとんどが今の宮根を好意的な目で見ているようです」(芸能ライター)

2022年に『女性自身』が発表した「嫌いなMCランキング」で1位に輝くなど、これまで嫌われ続けてきた宮根。このスタンスを貫いていけば、嫌われ司会者のレッテルを返上できる日も近そうだ。
https://myjitsu.jp/archives/370024

続きを読む

続きを見る

萬ブログカテゴリの最新記事