泉ピン子、9月の橋田壽賀子さん追悼番組に呼ばれず 

泉ピン子、9月の橋田壽賀子さん追悼番組に呼ばれず 

泉ピン子、9月の橋田壽賀子さん追悼番組に呼ばれず 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 愛の戦士 ★ :2022/08/03(水) 15:58:22.38ID:CAP_USER9

デイリー新潮 8/3(水) 11:01

 昨年4月に95歳で他界した脚本家・橋田壽賀子さんの代表作「渡る世間は鬼ばかり」を放送していたTBSが、9月に追悼特番を放送することがデイリー新潮の取材で分かった。「渡鬼」のスタッフと出演者らが橋田さんを偲ぶ。だが、泉ピン子(74)は出演しない。「渡鬼」関係者とピン子の軋轢が理由だ。

「渡鬼」でピン子が演じた小島五月の息子はえなりかずき(37)が扮した眞。だが、2人が断絶状態にあるのは知られている通り。厳しいピン子に対し、えなりが拒絶反応を起こした。

「渡鬼」は1990年に連続ドラマとして始まり、スペシャル版を含めると2019年まで続いたが、2人が絡む場面は2015年が最後になった。

「えなりさんは泉さんと会うことすら避けるようになり、打ち上げにも欠席するようになった」(「渡鬼」スタッフ)

 取材を進めたところ、ピン子を敬遠しているのは、えなりだけではなかった。「渡鬼」に関わる複数のスタッフ、出演者とピン子の関係は以前から険悪になっている。

 それが橋田さんの追悼番組にピン子が出演しない大きな理由だ。「泉さんが出るなら、遠慮したい」というスタッフ、出演者が複数いるため、ピン子は招かれないという。

 橋田さんの遺骨の海洋散骨騒動が影響した。ピン子が遺骨の一部を手に入れ、それを海に撒いたという話である。これに対し、「渡鬼」に出演していた橋田ファミリーから疑問の声が上がった。

「そもそも腑に落ちない話。ピン子さんが言われる通り、昨年4月の葬儀の時点で遺骨を手にしていたのなら、どうして今年6月まで伏せる必要があったのか」(同「渡鬼」スタッフ)

 ピン子が橋田さんの遺骨が手元にあることを初めて明かしたのは6月2日。自身が主演する朗読劇「すぐ死ぬんだから」(東京・池袋「あうるすぽっと」、8月4日から)のPR会見の席上だった。

「海洋散骨の話をされたのもこの場が初めてでした」(同「渡る世間は――」スタッフ)

 この舞台のテーマの1つは終活。ピン子も会見で自身の墓づくりについて語っている。橋田さんの遺骨を海洋散骨する話も舞台のテーマに合うと考えたのだろうか。

 この場でピン子は橋田さんの遺骨を手に入れた経緯について「焼き場で『お骨、ちょうだい』ってもらって」などと説明した。仮にピン子が本当に遺骨を分けられていようが、橋田さんの近親者たちはそれを知るよしもなかった。

 近親者たちは海洋散骨についても聞かされていない。これでは物議を醸すはずである。海洋散骨は6月15日に行われ、それを報告するコメントがピン子からマスコミ各社に送られた。一方、近親者たちへの通知はなかった。

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1fe824e445f135ff8fa6c7726b51bf0918bba70

関連スレ
【芸能】泉ピン子が橋田壽賀子さん遺骨散骨めぐる週刊誌報道に激怒!“毒舌”復活で騒動ドロ沼化の様相 [フォーエバー★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1659430219/

【芸能】泉ピン子、えなりかずきの“共演拒否”騒動への思い 「私からどうこう言うつもりはないし、悪口を言われても気にしない」 [jinjin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1659281071/

続きを読む

続きを見る

トレンドアップカテゴリの最新記事