【芸能】中川翔子が後輩にスキャンダル対策伝授wwwww 一方で後悔も「恋をしておけばよかった」wwwwwwwwwwwwwwwwwww

【芸能】中川翔子が後輩にスキャンダル対策伝授wwwww 一方で後悔も「恋をしておけばよかった」wwwwwwwwwwwwwwwwwww

【芸能】中川翔子が後輩にスキャンダル対策伝授wwwww 一方で後悔も「恋をしておけばよかった」wwwwwwwwwwwwwwwwwww

中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 – )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント、歌手、YouTuber。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。所属事務所はワタナベエンターテインメント。所属レーベルはSony Records。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に
156キロバイト (16,921 語) – 2022年6月29日 (水) 12:21

1 ネギうどん ★ :2022/07/05(火) 16:55:42.87

タレントの中川翔子(37)が5日、都内で行われた「ミスマガジン2022ベスト16お披露目イベント」にスペシャルゲストとして出席。セミファイナリストたちに金言を授けた。

「ミスマガジン2002」でミス週刊少年マガジンを受賞した中川は、デビュー20周年を迎え「衝撃ですね。20年も生き延びられるとはビックリです。ありがたいです。『生きててよかった』を毎年更新できてるような感じがします。全ての始まりがミスマガジンからです」と感謝を述べた。

 学生時代は陰キャラだったがグラビアアイドルに憧れ勇気を振り絞って応募。「夢とか憧れって10代の時ってすごい力を放ちますよね。今の瞬間をかみ締めようと思いながらだったのを覚えてます」と話した。

 質問コーナーではセミファイナリストからの問いかけに丁寧に答えた。「長い間、芸能界で活躍できる秘訣」については「10代と20代前半はスキャンダルに気をつけろ」「好きな人とかできても地盤を固めてる時に(週刊誌に)撮られるともったいない」など、次々と〝格言〟が飛び出す。

 一方で「私は恋より仕事を選んでしまった。今、恋をしておけばよかったと後悔してるんですよ。でも、それは今思うと、それでよかったなと思います」と複雑な思いも口にした。

 また「グラビアから歌手や声優の道が開けたきっかけ」については「(ブログで)好きな事を書いていたら、だんだん言霊になって夢として叶って驚きましたね。言霊って絶対あるので、好きって伝え続けると叶うと思います。でも仕事にしてやるって念がのっかるとよくないと思うので。純粋に好きなことに対しての愛を語るといいと思います」と金言を授けていた。 

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4299326/

続きを読む

続きを見る

萬ブログカテゴリの最新記事