【ソウルフード】『滋賀・長濱の焼き鯖ソーメン』

【ソウルフード】『滋賀・長濱の焼き鯖ソーメン』

【ソウルフード】『滋賀・長濱の焼き鯖ソーメン』

焼鯖素麺(やきさばそうめん)とは滋賀県長浜市周辺の湖北地方に伝わる郷土料理。

鯖素麺(さばそうめん)とも呼ばれる。

素麺 (ソーメンからのリダイレクト)
素麺 滋賀県長浜市周辺で食べられるハレの料理で、素麺とも言う。焼き鯖をほぐして煮直してから和える。素麺はの煮汁で煮る。 鯛素麺 瀬戸内地方や長崎県壱岐などで食べられるハレの料理で、鯛麺とも言う。冷やした素麺にタイの煮物を添える。かけ汁の場合と付け汁の場合がある。 ソーミンチャンプルー
58キロバイト (8,918 語) – 2022年6月20日 (月) 12:24

👉焼き鯖ソーメン

焼鯖を甘辛く煮込み、さらにその出し汁で素麺を炊いたものです。
冷たくない素麺で、甘く炊かれた味付けが病みつきになってしまうんです。
◆農繁期である5月に、農家へ嫁いだ娘を持つ親が忙しい娘を気遣い、実家から嫁ぎ先に焼鯖を届ける「五月見舞い」という湖北地方の習慣に由来する。
農繁期に気軽に作って食べられる料理として、また客をもてなす際や冠婚葬祭などのハレの料理として食べられてきた。
湖北地方は内陸に位置するが、鯖の産地である若狭湾に近いため、焼鯖やなれずし、へしこなど、鯖を使った料理は身近な存在であった。
焼鯖と素麺を組み合わせるようになったのは昭和40年代頃からとされる。なお、鯖街道が通る高島市朽木地区でも、焼鯖素麺は祭りに欠かせない料理として食べられている。
もともと家庭料理であるが、1990年頃から長浜の名物料理として観光客向けに飲食店でも提供されるようになった。 
焼鯖素麺を看板メニューにいち早く取り入れた飲食店「翼果楼」が開店したのは1990年で、地元の観光協会が観光資源として注目するようになったのは2005年頃からという。
2020年時点では長浜市中心部の9店舗で提供されているほか、地元のスーパーマーケット(フタバヤ)の惣菜コーナーなどでも販売されている。
2020年には、地元小学生の体験学習をきっかけに焼鯖素麺の即席カップ麺が開発されて話題となった。

続きを読む

続きを見る

知☆得!納得!ネタ祭りカテゴリの最新記事