今日6月24日は『UFOの日・空飛ぶ円盤記念日』

今日6月24日は『UFOの日・空飛ぶ円盤記念日』

今日6月24日は『UFOの日・空飛ぶ円盤記念日』

1821年の日、ベネズエラ独立戦争・カラボボ戦い (1821年)(英語版)でシモン・ボリバル率いる反乱軍がスペイン軍に勝利し、ベネズエラ独立が決定した。 ドレミの日 1024年の日、イタリア修道士グイード・ダレッツォが「ドレミファソラシ」を利用した階名唱法を考案した。 空飛ぶ円盤記念日UFO記念日(
40キロバイト (3,737 語) – 2022年6月23日 (木) 09:09
1947年(昭和22年)6月24日、アメリカの実業家ケネス・アーノルド(Kenneth Arnold)が自家用機で飛行中にコーヒー皿のような謎の飛行物体を目撃した。

最初の目撃例となったこの日をUFO研究家たちが記念日として命名したとされる。

謎の飛行物体はワシントン州のレーニア山付近の上空に9個あり、当時では信じられないほどの高速で急下降や急上昇を行っていた。

アーノルドはこの物体をその形状から「空飛ぶ円盤(flying saucer:フライングソーサー)」と呼び、全米で報道されると、同様の目撃証言が相次いだ。

事態を重く見たアメリカ空軍が、これを「UFO(unidentified flying object:未確認飛行物体)」と名付け、調査に乗り出したが、正体はつかめなかった。結局、1969年(昭和44年)にUFOは「車のサーチライトの誤認や目の錯覚の類」との調査報告を出した。

なお、「科学的に説明できない正体不明の飛行物体」を意味する「UFO」という語は、現在の日本では「ユーフォー」という読み方が一般的であるが、英語では「ユー・エフ・オー」と読まれる。

関連する記念日として、この「UFOの日」に由来して同日は「UFOキャッチャーの日」となっている。

👉UFOキャッチャーについて
 UFOキャッチャー(正式名:UFO CATCHER)は、景品(プライズ)を獲得することを目的としたプライズゲームに分類されるアーケードゲーム機およびシリーズ名である。
クレーンゲーム機と呼ばれるジャンルの代表格の一つである。
 本来はセガ製の物の機種名だが、一般には他社製の物も含めたクレーンゲーム機、またはプライズゲーム全般の呼称としても用いられる。
UFOキャッチャーの名称は、1985年から2015年3月までの製造・販売元だった株式会社セガゲームスの登録商標である。
 開発当初は、景品を鷲づかみにするゲーム、ということで「イーグルキャッチャー」という名称が検討されていた。
しかし、クレーン部分を鳥の形にすることが技術的に難しく、楕円形に変更された。
その形がまるで「空飛ぶ円盤」のようだったことと、当時UFOが話題になっていたことから「UFOキャッチャー」と命名された。

続きを読む

続きを見る

知☆得!納得!ネタ祭りカテゴリの最新記事