「最近少し丸くなった…」布袋寅泰、160センチ巨大三味線で圧巻のパフォーマンス「刺激的な人生だった」

「最近少し丸くなった…」布袋寅泰、160センチ巨大三味線で圧巻のパフォーマンス「刺激的な人生だった」

「最近少し丸くなった…」布袋寅泰、160センチ巨大三味線で圧巻のパフォーマンス「刺激的な人生だった」

布袋 寅泰(ほてい ともやす、1962年〈昭和37年〉2月1日 – )は、日本のロックミュージシャン、ギタリスト。身長187cm、血液型はB型。 群馬県高崎市江木町出身。ロンドン在住。BOØWY時代のビーイング、Ø-con’ nection、ユイ音楽工房、ソロ活動後のIRc2 CORPORATIONを経て、渡英後はDADA
155キロバイト (18,171 語) – 2022年6月21日 (火) 13:13
三味線を弾く意味は?www

1 湛然 ★ :2022/06/22(水) 05:15:02.46

2022-06-22 04:00 ORICON NEWS
「最近少し丸くなった…」布袋寅泰、160センチ巨大三味線で圧巻のパフォーマンス「刺激的な人生だった」
https://www.oricon.co.jp/news/2239481/full/
布袋寅泰出演のサントリーの飲料『THE STRONG 天然水スパークリング』テレビCM「強く、清くエピソード3」篇

(出典 contents.oricon.co.jp)

 アーティストの布袋寅泰が、サントリーの飲料『THE STRONG 天然水スパークリング』のイメージキャラクターに起用され、新テレビCM「強く、清くエピソード3」篇が、22日から全国で放映される。

 コンセプト「強く、清く」のもと、「刺激なき人生はなき。」をテーマに制作されたシリーズ第3弾。本作では、ギターならぬ三味線を引っ提げた布袋が、伝統的な和のスタイルに、現代的なデザインの要素を織り交ぜたネオジャパネスクファンタジーをクールな衣装とヘアスタイルで表現している。棹の長さ160センチの巨大三味線を自由自在に操り、伝説のギタリストならではのダイナミックかつ美しいステージアクションが観どころとなっている。

 衣装は日本を代表するデザイナーの黒澤和子氏が手掛け、左右別々の布地や色、模様で仕立てた「片身替り」を2枚重ねて、片肌脱ぎで着用。また、鉢巻きのように後ろで結んだ陣鉢は、布にスタッズが付いた特徴的なデザインとなっている。ヘアスタイルを気に入った様子の布袋は、自身の身長が187センチであることから、「久々に2メートル超えかも(笑)」と笑いを誘っていた。

 撮影について布袋は、「最近、少し丸くなっている自分がいるのかなあ、なんて少し気になっていたところがあった。やっぱり刺激的な部分というのは、内なるなかにも忘れちゃいけないなと思いましたし、この出で立ちでカメラの前に立って風を受けて、クリエイティブなスタッフの皆さんの前で三味線をバシッと弾いた瞬間から、何か忘れていたものを思い出したような気がします」と手応えを感じたようだ。

 また自身の人生について、「十分刺激的だったと思いますね。本当にいろんな出会いがありました。自分なりにいろんなチャレンジや冒険があったし、挫折や挫ける時もあって。それを乗り越えて、刺激がまた新しい自分を産んで、また次のシーンに運んでくれる。本当に刺激的な人生だったと思いますし、もっともっとこれからも刺激を探したいなと思います」と振り返る。

 さらに、「10代の頃、スポーツをやっても、勉強しても、まだ何かこう夢中になれるものがなかなか見つからなくて。そのなかでギターと出会ったことによって、自分の人生がこんなにも刺激に溢れた、そして出会いに満ちたものになったので、ギターとの出会いというのが、僕の人生にとって一番の刺激」とコメントした。

●布袋寅泰、巨大な三味線を引っ提げ圧巻パフォーマンス!  「サントリー THE STRONG 天然水スパークリング」 新TVCM「強く、清くエピソード3」篇

(出典 Youtube)

続きを読む

続きを見る

萬ブログカテゴリの最新記事