ウクライナ、40ドルでロシア兵にぶち込む砲弾にメッセージを書くサービスを開始、日本語にも対応

ウクライナ、40ドルでロシア兵にぶち込む砲弾にメッセージを書くサービスを開始、日本語にも対応

ウクライナ、40ドルでロシア兵にぶち込む砲弾にメッセージを書くサービスを開始、日本語にも対応

1: プランク定数(SB-Android) [US] 2022/06/21(火) 16:54:14.86 ID:RHDGTKYI0● BE:561344745-PLT(13000)


https://milirepo.sabatech.jp/40-for-a-message-to-the-shell-and-1000-for-a-keychain-made-from-the-wreckage-of-the-russian-army/

ウクライナでは軍資金を調達するために新たなキャンペーンを開始しました。

40ドルの寄付でロシア軍に撃ち込む砲弾にメッセージを、1000ドル以上の寄付でロシア軍の航空機、ヘリコプターの残骸で製作されたアクセサリーがもらえます。

ロシアによるウクライナ侵攻は今月で早4カ月を迎え、今後も更なる長期化が予想されています。そこで、必要になってくるの戦費です。戦争には莫大な費用が掛かります。

しかし、ウクライナは大国ロシアに対抗できるほどの経済力を持ち合わせていなく、しかも、国内は戦場となり、経済活動が停滞、様々な産業が中断、または減産を余儀なくされています。ウクライナの主要産業である農業においては、ロシアによって黒海が封鎖されているため小麦の輸出ができません。世界経済フォーラムによれば、2022年のウクライナの経済はロシアの侵略の影響を受け、45%縮小すると述べています。今は海外からの支援でなんとか戦えていますが、この先も同じような支援が受けられるかは不透明で、あの手この手で戦費を調達しようとしています。その手法の一つとしてウクライナのあるボランティアが思いついたのが「砲弾にメッセージ」、「ロシア軍の残骸で製作されたアクセサリー」です。

続きを見る

はや速カテゴリの最新記事